荷物が巡り合わせる再生のキーボード

冷たい風が冬の夜を切り裂く中、佐藤和也は軽貨物運送の軽バンを操りながら、新しい仕事に向かっていた。今日の依頼は特別で、3つの小さな箱が軽バンの中に積まれていた。その荷物が繋げる感動のストーリーが、佐藤の心を温かくすることになるとは、まだ知る由もなかった。

目的地に到着すると、佐藤は3つの箱を取り出し、受取人である三島に手渡す瞬間がやってきた。三島は30代半ばで、その表情には何かしらの重荷を抱えているような影が見え隠れしていた。佐藤は彼に荷物を差し出し、「お届け物です。」と声をかけた。

三島は少し驚いたような表情を浮かべながらも、箱を受け取ると、その場で開け始めた。箱からは3つの小さなキーボードが現れ、その輝くような黒と銀の外観が目を引いた。佐藤は興味津々で彼の様子を見つめていた。

「これは…ピアノのキーボード?佐藤が尋ねると、三島は深いため息をつきながら語り始めた。「はい、実は僕、仕事が上手くいかず、心がどんどん沈んでいってしまって。でも最近、昔からの夢である音楽に再び取り組み始めたんです。」

佐藤は興味津々で話を聞きながら、三島の苦しみや葛藤を理解した。仕事のストレスや失意の中で見失ってしまった夢。そんな彼が再び音楽に向かっていることが、佐藤にとっては心温まる出来事だった。

三島はキーボードをなでるように触りながら、「これがなければ、もう一度音楽に触れることなんてなかったと思う。でもこれで、自分を取り戻せるかもしれない。」と微笑んで言った。

佐藤はその瞬間、荷物が持つ力を再認識した。小さなキーボードが、三島の心に再び音楽の奇跡を呼び覚ますことができるかもしれない。それはまるで、荷物が人生に新たな可能性をもたらす鍵であるかのようだった。

そして、数週間後、佐藤は再び三島のもとを訪れることになった。彼のもとには感謝の言葉とともに、新しい曲のデモ音源が送られてきた。三島の音楽が再び輝きを取り戻していた。

「佐藤さん、これは感謝のしるし。新しい曲を作ることができました。本当にありがとうございます。」と、三島は喜びとともに語りかけてきた。

佐藤はただ微笑み返すと、「荷物は、時に人生に新たな旅路をもたらすことがあるんですよ。」と言い残し、軽バンを再び走らせることになった。彼の心には、小さなキーボードが繋げた感動のストーリーが、温かな余韻として残っていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ひとにもブログ

次の記事

旅立ちの証